楽器買取はネット査定→店舗で詳細がわかる

私は高校からベースをはじめ卒業し社会人になってからも趣味で続けていました。夫と出会い結婚し子供も産まれた頃、ベースを弾く時間もなくなり、夫が欲しいGibsonのアコギを買うために資金が足りないということで売りました。持っていたのはYAMAHAのATT-LTD2でビリーシーンモデルのものです。買った時は値切って値切って16万ほどだったと思います。

もう一つSCANDALのTOMOMIモデルのsquierのベースもあり、それは5万円ほどで購入したものでした。この二本を楽器買取サービスで売りに出すことに決めました。

ビリーシーンモデルのものは使用歴7年ほどで結構愛用していたものでした。ですが目立った傷や故障などもなく弾かない時も丁寧に手入れをしていました。TOMOMIモデルのものはデザインを気に入り、弾く目的というよりも部屋に置きたいという理由で買ったものでした。だいたい3年ほど飾ったと思います。その間特に手入れなどはなく、たまに弾いてたまに磨く程度でした。

まずネットの楽器買取の査定に出したところビリーシーンは9万円、TOMOMIは2万円でした。まずこんなものかな、と思い、楽器買取のショップへ楽器を持ち込みいざ査定してもらうとビリーシーンのほうは10万に、TOMOMIのほうはなんと1万でした。

TOMOMIモデルの方は知らぬ間にどこかが壊れてしまっていたようです。詳しくはちょっと忘れてしまったのですがあまり弾かないので壊れていることすら気づいていませんでした。二つのベースを売りに出した結果、やはり丁寧に丁寧に扱ってきたもののほうが価値があがり適当にしているものはそれなりになってしまうという、あたりまえのことを再確認できた気がします。