始めてエレクトリックギターを買って思ったこと

私がギターを買ったのは2008年の時で、初心者用のエレクトリックギター本体を始め、その他、調弦に使う機械や本体のメンテナンスの為のクロス(布)など色んなものが込みで1万2千円のものを通販で買いました。理由は単純に格好良かったから。それだけです。

ギター本体は有名な楽器メーカー、フェンダー社のストラトキャスターと呼ばれるギターのコピーモデルで性能やサイズなど全て本家と同スペックでした。

大きな箱に入ってギターが家に届けられただけでドキドキしました。箱を開けると白いボディーのギターが。シルバーのパーツが沢山あしらっており色々、込みで1万2千円という価格を忘れる程の”高級感”を感じると同時にギター本体に対しても「格好良い!!」という気持ちで頭が埋まりました。

さっそくインターネットのギター初心者の為の弾きかたのページなどを見ながら弦を押さえて基本的で簡単なコード(和音)の音を出してみるのですがしばらくすると「・・・つまんないね。これ。。」とメチャメチャがっかりしました。私はプロの音楽家の如くギターを格好良く奏でたかったのですが、それまでには格好良いとは程遠い地味な練習がひたすら続き、いわゆる現実と理想のギャップというものにぶち当たる訳です。私にはそのギャップを乗り越えるだけのやる気はどこにもなく、やがてはケースにきれいにしまって、部屋の場所塞ぎの単なる物体へと変わってしまいました。私は楽器を奏でる楽しみがわからない人間なのだと思い「楽器が可哀想だから今後、楽器を買うのは、よしたほうが良いな・・・・・・」と反省しました。